トピック

2017年

9月

21日

9/27に未来のための緊急公開ミーティングを開催!『田中正造翁の言葉をむねに途上国の森から学ぶ佐野市の再エネのあり方』

近年、地球温暖化により佐野市やその周辺では最高気温を更新やゲリラ豪雨、突風被害なども多く出ています。さらに、固定価格買取制度(以下FIT)の導入で日本全国に環境にやさしい再生可能エネルギー施設が増えてきています。しかし、その反面、太陽光発電所の開発などで大切に守られて来た自然や里地里山が破壊されることも起きている現状もあります。昨今、太陽光と景観の問題が取り沙汰されており、事業用太陽光発電施設等に対する地方自治体の条例が全国各地で制定されています。

  

 こうした状況も踏まえ、9月27日(水)にみかもクリーンセンター3階の会議室にて、途上国のエネルギー事情や森林破壊でおきている実態を学ぶとともに、再生可能エネルギーに対する地方自治体の条例について学び、地域の遺産を壊さず、地球温暖化防止に大きな一歩になる持続的な地域エネルギーについて、考え、話し合い、条例等の制度導入を目指したミーティングを開催します。

 

郷土の偉人、田中正造翁も「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし。」という言葉を遺しており、日本が世界に誇る未来世代に健全な形で残すことが私たちの世代の責務のはずです。

 

多くの市民の方が参加をお待ちしております。

日 時:平成29年9月27日(水)

 

時 間:14時00~16時00

 

場 所:みかもクリーンセンター 3階

    佐野市町谷町206番地13

 

参 加:無 料

 

定 員:20名

*タイムスケジュール*

 

14:00 開 会・主催者挨拶

14:05 参加者の自己紹介

14:15 <勉強会①>

    マダガスカルの森林減少から学ぶ、持続的なエネルギー活用 

14:30 <勉強会②>

    自治体で制定されている再エネに関する条例等について

14:45 <意見交換会>

    佐野市の再エネのあり方について

15:45 今後の流れについて

16:00 終了

<ディスカッション予定者>

上岡裕氏(エコロジーオンライン)

吉田登志幸氏(ソーラーシティ・ジャパン)

井澤博徳氏(井澤電気設備)

菅原 達氏 (佐野市市議会議員)

横田 誠氏(佐野市市議会議員)他

ソーラーシティ・ジャパン主催 佐野市環境ミーティング-.pdf
PDFファイル 1.2 MB
0 コメント

過去のトピック

2017年

9月

21日

9/27に未来のための緊急公開ミーティングを開催!『田中正造翁の言葉をむねに途上国の森から学ぶ佐野市の再エネのあり方』

近年、地球温暖化により佐野市やその周辺では最高気温を更新やゲリラ豪雨、突風被害なども多く出ています。さらに、固定価格買取制度(以下FIT)の導入で日本全国に環境にやさしい再生可能エネルギー施設が増えてきています。しかし、その反面、太陽光発電所の開発などで大切に守られて来た自然や里地里山が破壊されることも起きている現状もあります。昨今、太陽光と景観の問題が取り沙汰されており、事業用太陽光発電施設等に対する地方自治体の条例が全国各地で制定されています。

  

 こうした状況も踏まえ、9月27日(水)にみかもクリーンセンター3階の会議室にて、途上国のエネルギー事情や森林破壊でおきている実態を学ぶとともに、再生可能エネルギーに対する地方自治体の条例について学び、地域の遺産を壊さず、地球温暖化防止に大きな一歩になる持続的な地域エネルギーについて、考え、話し合い、条例等の制度導入を目指したミーティングを開催します。

 

郷土の偉人、田中正造翁も「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし。」という言葉を遺しており、日本が世界に誇る未来世代に健全な形で残すことが私たちの世代の責務のはずです。

 

多くの市民の方が参加をお待ちしております。

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

30日

【COOL CHOICE】企業向けセミナー『グリーンマーケティングを学ぶ』が開催されました。

日本では「COOL CHOICE」を合言葉に、低炭素社会実現のために省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる促す国民運動を始め、

そして、佐野市では国の目標でCO2削減量26%を上回る30%削減を目標とする

“COOL CHOICE 30 SANO”に

チャレンジしています。

10月12日に開催された市民向けセミナーに続き、11月28日(月)に『グリーンマーケティングを学ぶ』~無理なくできる地球温暖化防止で業績アップさせよう!~と題して、企業向けセミナーを開催が開催されました。

一歩進んだ考え方であるグリーンマーケティングとはどういうものなのか?

佐野市環境ネットワーク会議、田口博一代表の挨拶を開会とし、地元佐野市で取り組んでいる企業のお話、まだまだ絞れるエネルギーの提案、今後おススメの企画等を3名の講師にお話頂きました。

続きを読む 1 コメント

2016年

11月

11日

【COOL CHOICE】企業向けセミナー 『グリーンマーケティングを学ぶ』 ~無理なくできる地球温暖化防止で 業績アップさせよう!~を開催します。

日本では「COOL CHOICE」を合言葉に、低炭素社会実現のために省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動を始めました。

そして、佐野市では国の目標でCO2削減量26%を上回る30%削減を目標とする

“COOL CHOICE 30 SANO”にチャレンジしています。

10月12日に開催された市民向けセミナーに続き、11月28日(月)に【『グリーンマーケティングを学ぶ』~無理なくできる地球温暖化防止で業績アップさせよう!~】と題して、企業向けセミナーを開催します。

歩進んだ考え方であるグリーンマーケティングとはどういうものなのか?

地元佐野市で取り組んでいる企業のお話と、まだまだ絞れるエネルギーの提案、今後おススメの企画等を3名の講師が解説いたします。

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

02日

【COOL CHOICE】COOL COHICE 30 "SANO"啓発ポスターを募集します!

“地球温暖化防止”は、これからの地球のために、すべての人が取り組んでいかなければならない問題です。

佐野市では、国の目標を上回る二酸化炭素等の30%削減(2013年比)を目標とした“COOL CHOICE 30 SANO”にチャレンジします!

 

この目標をクリアするため、佐野市民が一丸となって考え、行動する“COOL CHOICE 30 SANO”を市民に呼びかけるポスターデザインを募集します。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

15日

【COOL CHOICE】地球温暖化防止セミナー~佐野市民が貢献する地球温暖化防止~開催されました。

喫緊の課題である地球温暖化防止に関する世界的義務を果たすパリ協定を受けて、

日本は2030年までに2013年比で26%の温室効果ガス削減を決めました。

 

日本では「COOL CHOICE」を合言葉に、低炭素社会実現のために省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動を始めました。

そして、佐野市では国の目標を上回る30%削減を目標とする

“COOL CHOICE 30 SANO”にチャレンジします。

 


*挨拶と佐野市での取り組みを表明する岡部市長

田中正造の日(佐野市制定)でもある10月12日(水)14時より佐野市役所市民活動スペースにて、「佐野市民が貢献する地球温暖化防止」と題して、市民向けセミナーを岡部市長のご挨拶のもと、佐野市環境ネットワーク副代表・NPO法人ソーラーシティ・ジャパン専務理事、吉田登志幸氏を講師として開催され、市民・市役所職員、約60名が参加しました。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

14日

【みんなの自然エネルギーコラム】いま、薄くて曲がるソーラーシートがとても気になる!~防草発電シート②

前回に引き続き、今話題の「防草発電シート」について、日本植生株式会社の平田賀彦氏ご紹介頂きます。

今回のテーマは防草発電シートの活用方法。

防草発電シートは、雑草の発生を抑えるための「防草シート」に薄膜フレキシブルアモルファスシリコン太陽電池が付いた太陽電池付の防草シートです。

その防草発電シートの活用法はさまざまですが、この商品が一番得意とするところは、雑草が生い茂り維持管理が大変な斜面です。道路斜面をはじめ、保有している敷地内や農地畦畔など様々な場所に柔軟に対応し活用できます。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

03日

【COOL CHOICE】地球温暖化防止セミナー~佐野市民が貢献する地球温暖化防止~開催します

喫緊の課題である地球温暖化防止に関する世界的義務を果たすパリ協定を受けて、

日本は2030年までに2013年比で26%の温室効果ガス削減を決めました。

 

日本では「COOL CHOICE」を合言葉に、低炭素社会実現のために省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動を始めました。

そして、佐野市では国の目標を上回る30%削減を目標とする

“COOL CHOICE 30 SANO”にチャレンジします。

 

その目標をクリアするためには佐野市民が一丸となって考え、行動するまさにCOOL CHOICEを実践していかなくてはなりません。

 

そこで、本事業では10月12日(水)14時より佐野市役所市民活動スペースにて、「佐野市民が貢献する地球温暖化防止」と題して、市民向けセミナーを実施します。是非、ご参加ください。詳細はクリックをお願いします。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

26日

2016/3/1再生可能エネルギー考えるシンポジウム

【日にち】2016年3月1日

【時間】13:00(開場)

    13:30開始

    16:00終了予定

【場所】ぱるてぃー栃木男女参画センター

【参加費】無料

 

ソーラーシティ・ジャパン代表上岡もパネラーとして登壇します!!奮ってご参加ください。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

18日

【みんなの自然エネルギーコラム】いろんなトコロにカンタン設置~防草発電シート~

今週から里山エネルギー株式会社との連動でさまざまな分野で活躍する再生可能エネルギー技術を紹介する「みんなの自然エネルギーコラム」を配信します。

このコラムは事業者の方々自身による記事を紹介していこうというものです。

第一弾は、日本植生株式会社の平田賀彦氏に、自身も携わる「防草発電シート」の魅力について執筆していただきました。

今回を含め、3回にわたってお送りします。

続きを読む 2 コメント

2015年

12月

19日

農業で活躍する自然エネルギーシンポジウム終了しました

2015年12月11日農業で活躍する自然エネルギーシンポジウム無事終了しました。

年末にも係わらず全国から大勢かけつけいただき有り難うございました。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

08日

バイオガスで大成功!北海道鹿追町の挑戦!!

引き続き北海道レポートです。下川町からクラブヴォーバンチームと一人別れて向かった先は帯広。

折角北海道まで来て北海道バイオマスリサーチ(株)さんを訪ねないわけにはいきません。

代表の菊池社長は3月にソーラーシティ・ジャパンと足利工業大学の共催で行ったシンポジウムで講演&パネルディスカッションにご登壇いただきました。

ただ、多忙を極める菊池社長は東京で別イベントに参加のため、スタッフの南部さんに無理言ってお付き合いいただき、前日に素敵なお食事をご準備いただきました。しかも、南部さんその日が誕生日で、何が悲しくてわたしの相手をしなくちゃならないのか・・・^^;

何から何まで大変恐縮でございます<m(__)m>

続きを読む 2 コメント

2015年

11月

05日

2015/12/11農業で活躍する自然エネルギーシンポジウム

【日にち】2015年12月11日(金)

【時 間】16:00~18:30

【場 所】(株)日本経済社2階プレルーム3 〒104-8176 東京都中央区銀座7丁目1320

https://www.nks.co.jp/company/map.html

【参加費】¥1,000/人

 

ここ数年、「地方創生」という言葉を頻繁に聞くようになりました。固定価格買取制度の施行もあって再生可能エネルギー事業がその柱の一つになっていることは間違いありません。しかし、歴史上、例をみないペースで起きている地方の少子高齢化に対して、再生可能エネルギー事業だけで立ち向かうには限界があります。気候変動やTPPなどで不安定化する水や食を供給する地域の自然を見方としなければいけません。地産地消の再生可能エネルギーを柱にし、豊穣なる大地から生み出される水や食を守り、未来につないでことこそ、地方創生への近道と言えるでしょうか。再生可能エネルギーと自然をつなぐトップランナーを集め、地方創成に資する取り組みを語り合おうと思います。奮ってご参加ください。

 

NPO法人ソーラーシティ・ジャパン 代表理事上岡裕

続きを読む 2 コメント

2015年

10月

26日

小規模自治体のお手本!北海道下川町の挑戦!!

今回は一般社団法人クラブヴォーバン主催『持続可能な発展を目指す自治体会議』の第1回自治体相互視察で北海道上川郡下川町へ行って参りました。

あのレジェンド葛西を生んだ下川町です!


この持続可能な発展を目指す自治体会議(通称:持続会)とは何か?詳細はコチラを!

 

ファウンダー・村上敦さんの挨拶からスタート。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

11日

2大バイオマス産業都市ツアーレポート【新潟編】

翌日は一路新潟へ。

新潟のペレットといえば、ご存知木質ペレット推進協議会(WPPC)事務局長佐藤靖也さんにレクチャーいただきました。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

02日

2大バイオマス産業都市ツアーレポート【東松島編】

2015年9月28日~29日でバイオマス産業都市めぐりに行って参りました。

初日は宮城県東松島市へ。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

04日

2015/9/28~29バイオマスツアー東松島&新潟開催!

【日にち】2015年9月28~29日

【場 所】28日宮城県東松島市

     29日新潟県新潟市

昨年の第1回では山形と新潟を訪ね、お陰さまで参加者の皆様からは、大変ご好評を得ることができました。
前回参加できなかった方々や昨年参加され、刺激を受けた方々から再度実施を求める声もいただきましたので検討しておりましたが、今年は東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県東松島市がバイオマス産業都市として再生可能エネルギーの利用を含めて目覚しい復興を遂げようとしている様子を視察し、水産資源に恵まれたこの土地に滞在し、地産地消の食材を賞味し、地元の関係者との意見交換などにより新たな暮らし方を提案するスタディツアーとなりました。
東松島市のふるさと割旅行券を適用していただくことで、昨年は経費削減のために関東からの遠距離をバスで移動しなければなりませんでしたが、今年は新幹線を利用して同じ日程で内容を濃くすることができました。
帰路(2日目)は昨年同様、これまたバイオマス産業都市に認定された新潟市に立ち寄り、ペレット燃料を利用した施設や取り組みを中心にまわります。市所有の山を、more Treesが間伐メンテナンスをし、そこで出た間伐材を一社)日本木質ペレット推進協議会がペレット化して秋葉地区の花農家向けハウス加温機の燃料とします。
詳細はこちらhttp://ow.ly/QPZBC ご覧ください。その素晴らしい循環を現地に行って実際ご確認いただけますので大変具体的で参考になる事例がご覧いただけます。
何を隠そう 昨年のツアーで最も影響を受けたのは主催者である私達であり自宅をリフォームする際、ペレットストーブや木製サッシ、そして駐車場屋根ソーラー、などなどまさに、モデルハウスや生産現場を見てきた成果を生かさせていただきました。
人数は22名限定ですので お早めにお申込みください。

※このツアーは宮城県東松島市ふるさと割旅行券を適用しています。

■定員
22名(最少催行20名)

■発着地
①大宮駅発着 ②宇都宮駅発・高崎駅着

■添乗員
リボーンスタッフ(大宮駅から同行します)

■旅行代金
お一人様(税込)47,000円 のところ

東松島市ふるさと割適用後旅行代金 30,000円
※小人料金なし。
※お一人様参加の場合は男女別相部屋。あるいはお一人部屋利用追加料金5,000円。
※東松島市ふるさと割旅行券の適用で、新幹線などの交通費、宿泊費として17,000円が助成され、旅行代金より割引されています。

■日程表
<1日目>9月28日(月)食事:朝×、昼○、夕○
大宮08:10発ー宇都宮08:44発ー<やまびこ205号>ー仙台10:06着10:14発ー<仙石線>ー矢本11:01着 昼食後視察 =13:00バイオマス産業都市東松島市(防災倉庫、ディスカバリーセンター、廃棄物処理関係ほか視察)17:00
東松島市 宮戸 漁師民宿 泊
<2日目>9月29日(火)食事:朝○、昼○、夕×
東松島市08:00発=<三陸道・東北道・磐越道>=11:30新潟(石油の里・WPPC視察)=燕三条(視察) 途中昼食 燕三条17:03発ー<MAXとき336号>ー高崎18:10着ー大宮18:34着
※往復ともに発着時間は選択できません。
※天候や現地の状況により、内容が変更になる場合があります。

■旅行代金に含まれるもの
・大宮発着(宇都宮発高崎着)JR運賃料金 ・現地交通費 
・添乗員同行 ・宿泊費(1泊) ・食事代(朝1、昼2、夕1)

■旅行代金に含まれないもの
旅行代金に含まれるもの以外。下記はその一部です。
旅行代金に含まれない食事、飲み物代、記載のない施設入場料、お土産代など。

■取消料について
取消料は弊社の旅行業約款(募集型企画旅行の部)に準じますが、基準となる旅行代金は割引前の47,000円となります。
あらかじめご了承ください。(旅行条件書は必ずお読みください)

■プログラム主催
NPO法人ソーラーシティ・ジャパン

■旅行企画・実施
有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-2-1ビューシティ新宿御苑1203
TEL:03-5363-9216 FAX:03-5363-9218
http://reborn-japan.com
東京都知事登録旅行業第2-4850号
※このツアーは一般社団法人東松島みらいとし機構からの委託を受け実施しています。

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

30日

2015/8/28~29山と生きる覚悟を決めた群馬県上野村の里山資本主義

今回はエネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(エネ径)さんが企画した、群馬県多野郡上野村の再生可能エネルギー施設関連を視察して参りました。


人口1,315人、高齢化率43.19%、村の95%が森林という、まさに限界集落の典型のような村がこの森林を活かした再生可能エネルギー利用や地域産業の振興、雇用の創出、観光振興、移住者呼び込み、などなど限界集落とならないために、どんな施策や工夫や努力をしているかを見て参りました。

続きを読む

2015年

1月

06日

2015/2/7 足利工業大学×ソーラーシティ・ジャパン協働シンポジウム『地域で活用する再生可能エネルギー』
















【日にち】2015年2月7日(土)

【場 所】第1部:足利工業大学「風と光の広場」

第2部足利工業大学総合研究センター

【内 容】

1部 自然体験教室 講師:チャウス自然体験学校 代表 加藤正幸  材料費500円 定員20

10時~12時 「太陽のエネルギーで料理をしよう!」(風と光の広場)

*雨天時は室内で工作教室を行います。*実演中は親子で植物等のネイチャーゲームを予定。

2部 講演 (無料)定員80

13時20~ 受付開始

13時50分 主催者挨拶 足利工業大学総合研究センター長・自然エネルギー・環境学系主任 中條 祐一

14時00 講演①「教育」 講師:足利工業大学自然エネルギー・環境学系 教授 安藤 康高

~足利工業大学 自然エネルギー・環境学系の取り組み~

14時30 講演②「市民」 講師:株式会社山水設計コンサルタント 代表取締役 山根 健司

~ご当地小水力発電所の紹介~

15時30 講演③「農業」 講師:北海道バイオマスリサーチ株式会社 代表取締役 菊池 貞雄

       ~NPOと大学発ベンチャーが繋いだバイオマス活用~

16時30 講演④「都市」 講師:NPO法人ソーラーシティ・ジャパン 代表理事 上岡 裕

       ~電力自由化で生まれる電力会社の新しい形~

17時00 講演者4名によるパネルディスカッション 

       再生可能エネルギーを地域で生かす!大学の役割、企業の役割、市民の役割

18時00   終了


申込・問合先】

326-8558 足利市大前町268-1 足利工業大学総合研究センター

担当:坂野・中山 FAX0284-62-9985 

Emailwatarase.green.college@gmail.com 

TEL0284-62-0782

お申し込みの際はお名前・所属・ご住所・連絡先をご記入またはお伝えください。

申込期間 平成2716日(火)~平成2722日(月)


0 コメント

2014年

11月

07日

2014/12/11緊急セミナーFITに未来はあるのか?

『固定価格買取制度(FIT)に未来はあるのか?』~再生可能エネルギー明日への道筋~

 

九電ショックに端を発した再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の現状とこれからの展開をわかりやすく解説しつつ、どのように再生可能エネルギーの事業を進めていけば良いのかを全国の先進事例とともにご紹介します。みなさまのお仕事にとって気づきあふれる会になると思います。終了後に懇親会もご用意しておりますので奮ってご参加ください。

NPO法人ソーラーシティ・ジャパン 代表理事上岡裕

17:30開場

18:00『固定価格買取制度の現状と今後の予測』ソーラーシティ・ジャパン理事 馬上丈司
19:00『電気だけじゃないぞ、再生可能エネルギー』ソーラーシティ・ジャパン専務理事 吉田登志幸

19:30『2016年に迫る電力自由化と再生可能エネルギーの未来』ソーラーシティ・ジャパン代表理事 上岡裕

20:00終了~懇親会へ

 

■日時:2014年12月11日(木)

■場所:(株)日本経済社2階プレルーム3 〒104-8176 東京都中央区銀座7丁目1320

https://www.nks.co.jp/company/map.html

■時間:18:00~20:00

■定員:60名(定員なり次第〆切とさせていただきます)

■参加費:1,000円/人

++++++++++++++

■懇親会:テング酒場 銀座六丁目店104-0061東京都中央区銀座6-13-3 井門銀座みゆき通りビルB1F

http://as.chizumaru.com/teng/detailMap?account=teng&accmd=0&adr=13&c1=8&submit.x=72&submit.y=8&submit=%E5%AE%9F%E8%A1%8C&bid=BA577627&pgret=2

■時間:20:30~22:30

■参加費:3,000円/人 飲み放題コース(予約の関係上12/5〆切とさせていただきます)

以上

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

16日

2014年8月5~6日 ペレットの旅、無事終了しました。

5月に下見に行き、この素晴らしさをもっと多くの方に知っていただきたいとして、今回ツアーを企画いたしました。

主催ソーラーシティー・ジャパン×運営リボーンのタッグで開催。家庭の廃食油リサイクル油BDFのバスに揺られての2日間はとてもとても有意義なものとなりました。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

10日

2014/8/5~6ペレットツアー開催決定!

NPO法人ソーラーシティ・ジャパンが首都圏の再生可能エネルギー(特にバイオマス)に関心の高い人たちのために見学ツアーを企画しました。

  • ■日程
    2014年8月5日(火)〜6日(水)1泊2日
  • ■場所
    山形県置賜郡小国町、新潟県新潟市、他

移動手段はもちろんBDF(バイオディーゼル燃料)100で走る天ぷらバス。
そして、小国町での食事は地産地消の食材を楽しみましょう。

■参加費用
お一人 35,000円
※参加費用に含まれるもの:視察費用、新宿往復の貸切バス代、食事(朝1/昼1/夕1)など
■スケジュール(予定)
1日目(8月5日)
07:00 新宿集合
(佐野、鏡石方面経由予定)
13:40 昼食(そば処丸武)
14:30 小国グリーンエナジー
ペレットマンショウルーム、小規模ペレット工場、モミガライト工場、小国森林組合チップ工場、小国小学校チップボイラー施設
18:30 宿着、入浴、夕食

2日目(8月6日)
07:00 朝食
07:30 出発
09:00 石油の里
more Treesの森、けやき福祉園ペレットプラント、ハウス園芸農家
12:30 三条ペレットステーション
13:30 現地出発
(鏡石、佐野方面経由予定)
19:00 新宿到着

※活動先の状況や天候、交通状況などの事由により変更となる場合があります。予めご了承ください。

■募集人員
24名(最少催行人員15名)

■企画主催
NPO法人ソーラーシティー・ジャパン

■申し込み・予約

(有)リボーン

1 コメント

2014年

5月

17日

里山資本主義のお手本!地域のエネルギーは地域の木質ペレットで!【新潟県WPPC編】

初日の興奮冷めやらぬまま一路新潟へ。

ニッポンNO1メーカーの(株)さいかい産業さんの新工場を見学させていただきました。

日本市場全体で5000台。同社が勝負をかけてつくったこの新工場の生産能力はナント1万台!

だからと言って1万台つくるというわけではなく、需要の計画を予め立てて生産します。同社をはじめ、もっと国産のペレットストーブが売れれば産業も地域も森も喜びます。

写真は3.11後に仮設住宅向けに作られた“MT-311SUMITA”来シーズンへ向けてここから旅立っていきます。

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

14日

里山資本主義のお手本!地域のエネルギーは地域の木質ペレットで!【山形県小国町ペレットマン編】!

「KWH=¥」村上敦氏著、「里山資本主義」藻谷浩介氏著と言った地域の資源は地域で循環させ持続可能な地域経済をつくりあげる必要性を説いた書籍が大いに注目されています。

この2大書籍が世に出されるもっと前からすでにそれを実践している方々にお会いしてきました。

一人目は山形県西置賜郡小国町の小国グリーンエナジー合同会社の高橋睦人さん。Facebookでは“ペレットマン”の愛称で日々の活動を精力的に発信されています。

5月12日にそのペレットマンに会いに小国入り。早速お話を聞きました。

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

09日

2014/3/8『自然エネルギーで地域を潤す』セミナー参加して参りました

前回やわらかエネルギー学校でお世話になりました塩谷町のほしふる学校くまの木さんで開催された環境ジャーナリスト・小澤祥司さんの『自然エネルギーで地域を潤す』セミナーへ参加して参りました。

続きを読む 0 コメント

2014年

2月

08日

再生可能エネルギーと地域活性化。KWH=¥が実現出来るか?

わたしが在籍する佐野市環境ネットワークが黒子となって佐野市葛生地区でシンポジウムが開催されました。

 

今回は環境ネットワークの立場としてレポートしておりますので、こちらをご覧下さい。

1 コメント

2013年

12月

18日

渡良瀬川小水力研究会立ち上げます。

我が国の脱原発依存や地球温暖化防止に寄与する再生可能エネルギー固定価格買取制度が始まって1年半が経とうとしています。この間、太陽光発電の導入は盛んに行われましたが、風力、バイオマス、地熱、小水力などは様々な規制があってほとんど進んでいないのが現状です。

こうした手つかずのエネルギーを大手企業に委ねることなく、産官学連携で手を取り合って開発しその利益を地域に還元する。

ソーラーシティー・ジャパンの本部がある両毛エリアの象徴でもある、足尾銅山鉱毒事件で被害を受けた渡良瀬川は利根川支流で最大流域面積を誇っているにも関わらず、小水力発電で大きな成果があがっていません。

そこで、渡良瀬川小水力研究会を立ち上げて、産官学連携の第1歩を踏み出したいと考えております。詳細は後日ご報告させていただきますが、まずは近況のお知らせでした。

 

0 コメント

2013年

10月

22日

第1回やわらかエネルギー学校終了しました

SCJ初の試みとなった合宿型セミナー「第1回やわらかエネルギー学校in栃木」が無事終了しました。会場となった「星ふる学校『くまの木』」は廃校を利用した宿泊体験施設。温かみのある木造校舎と自然豊かな周辺環境というロケーションは、自然エネルギーを学ぶにはこれ以上ないという場所です。

 

2日間のイベントは、やわらかエネルギー学校校長・上岡裕の挨拶でスタート。

続きを読む 0 コメント

2013年

9月

03日

2013/10/19~20 第1回やわらかエネルギー学校IN栃木開催

日本のエネルギー問題について、何から始め、どのように歩めば良いかを
学びたいと思っているみなさんのためにNPO法人ソーラーシティ・ジャ
パンが企画しました!
3つのコースからお選びください
A)宿泊コース・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥12,000(夕食・朝食・税込)
B)2日間講習&夕食・懇親会コース ¥8,000(税込)
C)2日間講習コース・・・・・・・・・・・・・・¥3,000(税込)

■日程:2013年10月19日(土)~20日(日)
■開催場所:星ふる学校「くまの木」 栃木県塩谷郡塩谷町大字熊ノ木802番地
■主催:NPO法人ソーラーシティ・ジャパン
■協力:NPO法人塩谷町旧熊ノ木小学校管理組合

【スケジュール】

10/19(土)

14:00 やわらかエネルギー学校 授業 1日目 
1自然エネルギー社会をつくろう!(千葉大学 馬上先生) 
2太陽熱を暮らしに生かそう!(足利工業大学 中條先生) 
3ワークショップ 
19:00 夕食 ★スターウォッチング、お散歩など

21:00 交流会~就寝(部屋は男女別の相部屋となります)


10/20(日)
06:30 バードウォッチング(早起きの希望者のみ?)
07:30 朝食(里山の地産地消の食材を味わいます)
08:30 やわらかエネルギー学校 授業 2日目 
4市民発電所をつくろう!(PVネットワーク 加藤理事) 

10:00 授業終了後 小水力発電フィールドトリップなど星ふる学校の周辺を散策
12:00 解散


【お申込み・お問い合わせ】 NPO法人ソーラーシティ・ジャパン 担当
吉田 Email;info@solar­‐city.jp

FAX:0283-­‐65-­‐8887

 

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

12日

2013/5/25~26 『小水力発電を学ぼうセミナー&フィールドトリップ』

2013年3月5日にリニューアルスタートを切ったソーラーシティ・ジャパンの第2弾セミナーです。
今回は小水力発電のコンサルタント・山水設計コンサルタント代表の山根健司さんをお招きして、小水力の理論と実践両方学びます。初日25日では、小水力発電の基本中の基本から、これまで氏が国内で手がけて来た数々の事例を学び、その地形、河川に合った設備とはどのようなものが理想なのかその際のコストや問題点、課題点を学びます。
2日目の26日にはこの佐野の地を具体的フィールドとして、実際に河川をみて、どこにどのような設備が理想的かをアドバイスしていただきます。
机上の勉強だけでなく、具体的に明日から実践可能なセミナーとなっておりますのでこの機会を是非お見逃し無く!

【主催】
NPO法人ソーラーシティ・ジャパン
http://www.solar-city.jp/

5月25日(土)
『小水力発電のイロハを学ぼう!』
■時 間:13:30〜17:00
■参加費:¥3,000/人
■定 員:30名(申し込み先着順)
■場 所:佐野駅前交流プラザ「ぱるぽーと」
■懇親会:終了後
■参加費:¥3,500~4,000/人くらい
5月26日(日)
『小水力発電のポテンシャルを探そう!』
■時 間:9:00~15:00(解散予定)
■場 所:佐野市田沼庁舎駐車場
■参加費:無料
■雨天時:決行

続きを読む 1 コメント

2013年

3月

10日

【活動報告】「地域エネルギーが地域経済を救う」セミナー

2013年3月5日毎日ホールで開催、無事終了いたしました。

80名近くの方にお越しいただき誠に有難うございました。

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

05日

2013/3/5「地域エネルギーが地域経済を救う!」セミナー

自給率4%の国「日本」しかし風力、地熱、小水力など地域の特性を活かして自然エネルギーを作っている地域が全国にあります。発送電分離についても国会で検討しており、今後の日本のエネルギー事情が大きく変わります。本セミナーでは地域エネルギーが街づくり、雇用、経済をどのように活性化していくのか、そしてそのポテンシャルはどれくらいあり、どのようなビジネスチャンスがあるのかを、ドイツ在住環境ジャーナリスト 村上敦氏、千葉大学 馬上丈司氏にお話して頂きます。奮ってご参加ください。

【日にち】2013年3月5日(火)
【参加費】¥3,000
参加費は再生可能エネルギー普及啓発事業としてソーラーシティ・ジャパンへ寄付されます。
※領収書の項目は寄付金として発行致します。

【スケジュール】
13:00開場
13:20開演
13:30村上氏特別講演
14:30馬上氏基調講演
15:40休憩
15:55ディスカッション
17:30閉会

■村上氏特別講演テーマ
「ドイツに学ぶ地域エネルギー自立」
村上 敦(むらかみ あつし) ソーラーシティ・ジャパン スペシャルアドヴァイザー
ドイツ在住の環境ジャーナリスト。環境コンサルタント。日本で土木工学部、ゼネコン勤務を経
て、環境問題を意識し、ドイツ・フライブルクへ留学。フライブルク地方市役所・建設局に勤務の
後、2002年から独立し、ドイツの環境政策、都市計画、エネルギー政策を日本に紹介する。多様
なメディアへの寄稿と企画協力、環境関連の調査、自治体/企業への環境コンサルティング、講
演活動を続ける。著書に「Kwh=¥(キロワットアワー・イズ・マネー)」(いしずえ 刊)他多数

■馬上氏基調講演テーマ
「エネルギー永続地帯から見える地域エネルギー自給率」
馬上 丈司(まがみ たけし)  ソーラーシティ・ジャパン理事
千葉大学人文社会科学研究科公共研究専攻博士後期課程修了。12年同大学法経学部特任講
師。専門はエネルギー政策論、環境マネジメントシステム論。地方自治体における再生可能エネ
ルギーの研究によって日本初の博士(公共学)の学位を授与される。’12年10月千葉エコ・エネ
ルギー㈱を設立。著書に「知ろう!再生可能エネルギー」(少年写真新聞社 刊)

■パネルディスカッション 
 テーマ 『自然エネルギー自立への道~地域主導で実現させる為に何が必要か』

ファシリテーター:斗ケ沢秀樹(毎日新聞社 水と緑の地球環境本部 本部長)
パネリスト:村上敦 馬上丈司 上岡裕(エコロジーオンライン代表) 早田宏徳(マングローブクリエーション代表)

主催:ソーラーシティ・ジャパン
共催:エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン、エコロジーオンライン、そらべあ基金、毎日Do!コラボ
協力:イーソリューション、オストコーポレーション北関東、毎日新聞社水と緑の地球環境本部、マングローブクリエーション、リボーン

続きを読む 0 コメント

2011年

3月

26日

太陽光発電で被災者支援 被災地へのソーラーパワートラックを派遣します!

 3月11日に発生した東日本大震災で東北地方を中心に大きな被害が発生しております。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

 

 この度、毎日新聞社とNPO法人等の共同で被災地への支援として、ソーラーパワートラックを利用した電力支援を考えております。この支援は、毎日環境パートナーシップ参画企業様と毎日Do!コラボメンバーの皆様、協力団体と協業している企業様とともに取り組み、被災者の救済や復興支援に役立てたいと思います。

続きを読む 0 コメント

What's New

  太陽光発電所 ひだまり~な

 COOL CHOICE 30 "SANO"